湘南で子供と遊ぶ - あそびい湘南

湘南で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい湘南]

ママパパがつくる親子遊びの地元情報[あそびい湘南]

遠藤笹窪谷公園:藤沢市内に誕生!ゆったりと里山の豊かな自然や谷戸景観を楽しむことができる癒しスポット。きれいでとても広い新スポット、様々な生き物にも出会えそう!![藤沢市遠藤]



遠藤笹窪谷公園:藤沢市内にゆったりと里山の豊かな自然や谷戸景観を楽しむことができる癒しスポットが誕生。様々な生き物にも出会えそう!![藤沢市遠藤]

今回は2022年7月に開園したばかりの「遠藤笹窪谷公園(えんどうささくぼやとこうえん)」に行って来ました~

「遠藤笹窪谷公園」は
藤沢市内三大谷戸の一つである「遠藤笹窪谷」内
にできた、ゆったりと里山の豊かな自然や谷戸景観を楽しむことができる公園様々な生態系を観察することができるスポットでもあり、生き物大好きキッズにおススメです!

慶應大学看護医療学部の裏手に広がる公園

場所は慶應義塾大学看護医療学部の裏手。公共機関を利用する場合は小田急江ノ島線「湘南台駅」よりバス「慶応大学バス」下車、慶応大学ロータリーより徒歩約8分。秋葉台文化体育館藤沢ジャンボゴルフ少年の森も近距離です。

 

里山の豊かな自然や谷戸景観を楽しめる公園!

森の中に細長く作られた公園。どんな景色が見られるのか楽しみですね♪

 

公園の広さは約2.5ha。谷戸を一望できる展望デッキ

公園を入ってすぐ、建物(生物多様性サテライトセンター)が見えます。

※生物多様性サテライトセンターには境教育の場となる多目的室や展示ブース、展望デッキ、来園者用トイレ等が整備されています

建物の真ん中にあるこちらの階段をのぼる

ベランダのような展望デッキになっています。

そこから広い公園が見渡せます。青い空と緑がとってもキレイ!!

浸水被害軽減のため設置された雨水調整池

池にかかる木の橋。田舎にきたような景色ですね~。緑がとても落ち着きます。

橋から眺める池はこんな感じこの池は周辺で発生する浸水被害軽減のため、雨水を貯める機能があるんだそうです。アメンボがいっぱいいました~。

豊かな自然を身近に感じられる場

園内にはハナショウブやカキツバタが鑑賞できるしょうぶ園田んぼなども整備。

小さな川のせせらぎにも癒されます。

そしてこんな風景にも出会えました! びっくり!!

写真には撮れませんでしたが、バッタトンボもたくさんいましたよ。これからの季節、たくさんの生き物にも出会えそう!!虫好きキッズはワクワクですね。

また、彼岸花アジサイ山桜など、季節のお花も楽しめますよ。ぜひ、子供と散策しながら自然を満喫してくださいね!

所々ベンチもあってゆっくり散策できます!

机つきベンチ幅広ベンチもあって、 緑の中で一休みできます。

遊歩道の途中にも。

生物多様性サテライトセンターの横には藤棚とベンチもありました。

 

公園内に一般車両の駐車場はないので注意!!

公園の手前に専用駐車場があります。こちらに置いて公園まで歩いて行きましょう。

駐車場から公園までの道も緑が多く、とても気持ちがいいですよ。

公園内には車いす用駐車場と駐輪場しかありません。

トイレは生物多様性サテライトセンター1階にあります。ベビーシート、ベビーチェアもついているので安心。とってもキレイなのも嬉しいポイントですね。

 

元気キッズは少年の森とのハシゴもおススメ!

「遠藤笹窪谷公園」で散策を楽しんだ後、本格アスレチックが楽しめる「少年の森」で体を動かして遊んでもいいですね!!

【関連】

藤沢市少年の森:本格アスレチックが無料で楽しめる!!ちょっと遠いけど、頑張って行く価値あり!常連ママのおススメポイント教えちゃいます。[藤沢市打戻]

***

自然と触れ合い、ゆったり散策ができる公園。様々な生き物にも出会えそう!!
散策だけでは物足りない子は少年の森とのハシゴもおススメです。

遠藤笹窪谷公園

所在地
藤沢市遠藤4840

電話番号
0466-46-5162(直通)西北部総合整備事務所

交通案内
【電車・バス】
小田急江ノ島線「湘南台駅」よりバス
「慶応大学バス」下車、慶応大学ロータリーより徒歩約8分

更新日:

毎週更新【湘南】子供イベント

【週末の子供イベント】

2023年1月28日-29日のイベントのご紹介! 子供向け [湘南]

あそびい湘南ライン登録・毎週情報お届け!





LINE(湘南版)始めました!
[あそびい湘南]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※湘南で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1回程お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に登録で一切通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
横浜版はこちら

おすすめ記事

各記事の内容は執筆時点のものです。お出かけの際には公式HPもご確認ください。