横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

みなまきTRY STAND:ママたちの「やってみたい」が叶う実験の場。パステルアートやアーティシャルフラワーのワークショップに、キッズ・ベビー小物の販売など、7つのお店が交代でOPEN中! [相鉄いずみ野線:南万騎が原駅前]

みなまきTRY STAND:ママたちの「やってみたい」が叶う実験の場。パステルアートやアーティシャルフラワーのワークショップに、キッズ・ベビー小物の販売など、7つのお店が交代でOPEN中! [相鉄いずみ野線:南万騎が原駅前]

みなまきTRY STANDは、街角にある小さな小さなお店やさん。

やってみたかったワークショップを体験できたり、やってみたかったお店をオープンすることができたり。

地域住人の「やってみたい」が叶う実験の場です。

場所は、相鉄いずみ野線「南万騎が原駅」からすぐの商業施設の一角。

第2期となる今回は7つのお店が交代でOPEN中です。

南万騎が原駅エリアには公園もたくさんあるので、公園めぐりをしながらフラッと立ち寄ってみるのはいかがですか?

トントンクルクルするだけでアートが完成「ぱすてるあーと」

4歳の息子と訪れたのは、パステルアートが体験できるお店の日。

パステルアートとは「パステル」という画材を使って描く絵のことなんだそうです。

今回は粉状にしたパステルを使って、コットンや指でトントンクルクルするだけで描けるパステルアートを体験させてもらいました。

描くのはの絵。パステルアートの基本なんだそうです。

こまゆき先生と一緒に、3色のグラデーションを楽しみながら、思い思いの虹を描いていきます。

こまゆき先生の虹と比べると、息子の虹はだいぶワンパクな感じですが、心の赴くままに描くことで、体験した本人にしかわからない充足感が得られるといいます。

息子もみるみるうちに没頭して、色彩のハーモニーを楽しんでいました。

そして、合計2枚の虹が完成!

こまゆき先生によると、描く人の感性が色彩として表れるパステルアートは、心理療法として使われることも多いんだとか。

お子さんやご自身の心が、どんな色彩として表れるのか。

そんな観点で完成した作品を見るのもおもしろそうですね。

「虹」の絵でパステルアートの基本を押さえたら、応用編の「森」にチャレンジすることもできます。

カラフルな木がいっぱいで、とってもかわいらしい作品になりそうですね。

ちなみに、虹の絵の体験価格は通常400円のところ、TRY STANDでは200円の特別価格!

森の絵は通常600円ですが、TRY STANDでは虹の絵とセットで500円で体験することができます。

こまゆき先生が描いた作品も1枚300円で購入することができますよ。

見ているだけで心が癒されそうな作品ばかりですね。

その他のお店のラインナップ

TRY STANDでは、合計7つのお店が登場します!

ラインナップはこちら↓

気になるお店はありましたか?

出店スケジュールを確認してから、お出かけくださいね↓

南万騎が原~二俣川エリアには、公園もいっぱい!

南万騎が原エリアには、個性的な公園もいっぱいあります。

TRY STANDの行き帰りに、公園めぐりはいかがですか?

自然豊かな大型公園「こども自然公園」

こども自然公園は、南万騎が原駅から徒歩6分の場所にある横浜市屈指の大型公園です。

ちびっこ動物園などもあり、モルモットを抱っこすることもできちゃいます。

珍しい野鳥も頻繁に訪れるなど、豊かな自然にふれることができますよ。

【関連】

こども自然公園(大池公園)は大自然×大型アスレチック×ちびっこ動物園もあって横浜最大級!全体像を紹介しようとストライダーキッズが行く!

【関連】

「こども自然公園」2020年1月6日~3月19日まで大型アスレチック「とりでの森」は全面封鎖。遊びに行くなら今がチャンス![こども自然公園:旭区]

新幹線が間近で見える公園「善部町南公園」

善部町南公園は、こんなに近くから新幹線が見られる公園です。

上りも下りも新幹線がビュンビュン行き交います。

遊具もそろっていますよ。

【関連】

新幹線の見える公園!横浜市に4つ目は善部町南公園。地図では見つからない穴場の公園には遊具もいっぱい!駅から10分。[相鉄いずみ野線 南万騎が原駅から]

 新幹線が“高台”から見える公園「万騎が原第九公園」

高台にある細長い「万騎が原第九公園」も、新幹線が見える穴場スポット!

こちらの公園では、ブランコに乗りながら新幹線が走り去る様子が見られるんです!

小さな公園ではありますが、遊具も充実していますよ。

カラフルな魚が住宅街に!?「万騎が原第八公園」

万騎が原第八公園は、魚の遊具が特徴的な公園です。

住宅街に突如現れるカラフルな魚は、なかなかのインパクト!

滑り台とブランコもありますよ。

***

その他にも、こちらの記事でさまざまな公園をご紹介していますので、ご覧になってみてくださいね↓

【関連】

二俣川は、子育てしやすい街。地元ママがレポート!徒歩圏内に公園が20か所以上!塾・習い事・病院も充実!相鉄線の都心直通化もあり、もっと子供と子育てを楽しめる街 [横浜市旭区]

TRY STANDのオーナーになるには?

TRY STANDのオーナーになることができるのは、横浜市旭区もしくは泉区の住人であることが条件。

ですが、南万騎が原エリアのまちづくりにつながる活動であれば、オーナーにチャレンジできる可能性もあるようです。

第二期後期(4~6月)の出店者の募集は、3/7まで。

利用可能な時間帯や料金、メリットなどは以下の通りです。

雨の日でも大丈夫!

雨の日でもお店がオープンできるよう、TRY STANDの店先には折りたたみ窓が設置されています。

透明になっているので、窓を閉めても中がちゃんと見えるのが嬉しいですね。

使用可能な時間

TRY STANDが使用できるのは、平日・土日祝含む8:00~21:00

通勤・通学の時間帯にかぶるので、南万騎が原駅を利用する人たちがフラッと立ち寄ってくれるかも!?

利用料金

TRY STANDの利用料金は、500円/6時間

初めてお店をオープンする人でも、挑戦しやすい価格ですね!

駅前ひろばでもPRできる!

TRY STANDにお店を出すと、南万騎が原駅前の広場でも活動をPRすることが可能なんです。

駅前の広場で個人のお店のPRができるなんて、なかなかできないことなのでは?

***

気になる方は、お問い合わせをしてみてくださいね。

問い合わせ:みなまきTRY STAND 運営委託事業者:株式会社オンデザインパートナーズ

お問い合わせメール info@ondesign.co.jp

 TRY STANDで小さな夢を実現!

TRY STANDは、やりたかったことに挑戦できる実験の場。

「やってみたいな」と思っていたワークショップを体験できたり、「お店を出したいな」という目標の一歩が踏み出せたり。

地域住人の小さな夢が叶う場所です。

街角にある小さな小さなお店やさんで、皆さんの夢も叶いますように!

ぜひお子さんとお出かけしてみてくださいね。

TRY STAND

所在地
〒241-0835 横浜市旭区柏町127 相鉄ライフ南まきが原内 みなまきラボとなり

更新日:

 

おすすめ記事

スクール・習い事情報